ルミガンとは

ルミガンは2008年にアメリカ食品医薬品局にまつ毛貧毛症のためのまつ毛を長く濃くする薬として認可され、翌年に販売されたらすぐに人気となりました。まつ毛貧毛症とは、まつ毛が貧弱で不十分なことを言います。まつ毛の育毛剤は他にも様々なものがありますが、世界で初めてまつ毛貧毛症の治療として効能・効果および安全を承認した医薬品がルミガンです。アメリカだけでなく日本でも話題となっています。
近年では、まつ毛だけでなく、頭髪の薄毛に対する臨床試験も始まっています。こんなに人気になったのはやはりその効果と、毎晩寝る前に1滴つけるだけという手軽さです。ルミガンの使用には、医師の診察が必要なため、薬局などでは市販されていません。
それまでは、まつ毛を伸ばす事のできる商品は美容液が主流で、まつ毛のつやを出して見た目をよくするものがほとんどでした。まつ毛が伸びたと実感する人もいたようですが、医薬品として認可されていないので、効果の高いものだとは言えません。ルミガンは、16週間に及ぶ臨床研究が行われ、8割の人が長さ・密度・色の濃さが改善されたと実感しました。まつ毛を伸ばすだけでなく、太さも増して、密度がアップし、ボリュームが出て、見た目も良くなるようです。また、メラニン色素を活性化する働きもあり、まつ毛の色を黒く濃くすることで、目を大きく見せることにも効果が出ました。
ルミガンを使用しても、最初のころはあまり効果を実感できない人も少なくはありません。しかし、他の人からまつ毛を褒められるようになり、効果を実感する人が多いようです。付けまつ毛と勘違いされた、まつ毛が長いと言われた、目力が強くなったと言われた、などを人から褒められるようです。ルミガンを使用した人自身は、まつ毛が抜けない、まつ毛が生え揃った、マスカラが映えるようになったなどを実感するようになったそうです。このように、ルミガンにはまつ毛の育毛以外の効果もあります。
効果は徐々に現れ、自然にまつ毛を増やすことができます。多くの人は2カ月ほどでまつ毛が長くなったと実感するようです。ビューラー、パーマ、エクステなどでまつ毛が傷んでしまった人や、これまで専用の育毛剤で実感できなかった人でもオススメのまつ毛治療薬だと言えます。このようにルミガンは非常に注目されています。同じようにジェネリックであるケアプロストも注目され始めています。