ルミガンを使用する際の注意点

ルミガンを使用した人の3.8%に副作用が現れているそうです。その副作用の症状とは、目のかゆみ・目の充血・目の乾き・まぶたが黒ずむ・目の不快感・眼圧の低下です。
ルミガンの有効成分であるビマトプロストは、緑内障の薬としては安全性が高いものです。なので、長年に渡り、眼科などで使用されてきており、重篤な副作用は報告されていませんし、目に入っても危険なことはありません。ただし、目やまぶたに何らかの症状が現れたというときには、使用をやめないといけません。よく起こるものは、まぶたの黒ずみですが、これは使用を3日ほど中断すると黒ずみが消えて元に戻る場合がほとんどです。
副作用を防ぐためにも注意をしなければいけないことがいくつかあります。使用の際はメイクや汚れを落としてから使用して下さい。
余計なものが混ざるのは衛生的によくありません。もしも目の表面に付着するなどした場合には危険が伴ってしまうので、メイクや脂汚れはしっかり落とす必要があるのです。毎晩1日1回塗るようにしてください。1日に何度も塗ったり、夜に塗り忘れたからといって朝にぬったりすることはやめてください。1日忘れても、効果がなくなることはありませんが、毎日塗る方が効果が高まります。塗りすぎることもよくありません。塗りすぎるとまぶたが黒ずみやすくなる原因となるため、必要以上に塗らないように注意が必要です。付ける場所は上まつ毛の付け根だけです。したまつ毛は、ルミガンの残液が自然と浸透するということや液が溜まりやすいということがあります。そのため下まつ毛に塗る必要はありません。
ルミガンは医薬品ですので、念のため涼しいところや冷蔵庫の中で保管することが適しています。ルミガンを塗ってから15分は目やまぶたに触れないようにして下さい。
ルミガンを塗った後、液が乾くまでの目安が15分です。そのため、その間は目やまぶたに触れないようにしなければいけません。アイシャドウやマスカラ、コンタクトレンズを付けなければいけない場合はルミガンを塗ったあと15分以上経過してからにして下さい。