3種類のまつ毛育毛剤

ルミガンとラティース(ラティッセ)とケアプロストは同じビマトプロストを主成分としており、どれもまつ毛を長く濃くする効果が期待できます。では、どうして同じような製品が3種類も販売されているのでしょうか。それぞれに違いはあるのでしょうか。また、どれを購入したらいいのでしょうか。それぞれ3種類の説明をしていきたいと思います。
ルミガンは元々、緑内障の治療の目的で点眼薬として製造・販売されていました。しかし、ルミガンを使用している患者から、まつ毛が伸びた・濃くなった・増えたなどの声を聞き、その副作用に注目されました。臨床試験を繰り返した結果、ルミガンの主成分であるビマトプロストには、まつげの長さが25%、密度が106%、色の濃さが18%アップする効果があることが発見されました。これを受け、ルミガンの製造元のアラガン社ではルミガンと同じ成分であるビマトプロストを美容目的として、アプリケーターを付属してラティースという名称にして販売することになったのです。
ラティースの製造元のアラガン社は、ルミガンの主成分であったビマトプロストを美容の目的として、アプリケーターを附属して販売することを決めました。
それがラティースという名称で製造・販売されたのです。治療薬として販売されているルミガンと成分は変わりませんが、美容目的でアプリケーターを付属しているというだけで高価な製品として販売されています。そのため、ルミガンは低価格で同じような効果が期待でき、個人輸入という方法で購入できるので、ルミガンの方がラティースに比べて人気が高くなりました。ルミガンにはアプリケーターは付いていませんが、違いはそれだけだと言えるでしょう。
ケアプロストはサンファーマ社が販売している商品です。
アラガン社のラティースやルミガンと同じビマトプロストを主成分としているジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品なので純正薬であるラティースやルミガンと同じ成分で同じ効果が期待できますが、かなり安い価格で購入することが可能です。効果はアラガン社のビマプロスト製品と変わらないので、ブランドにこだわりを持たない人は医療費を大幅に抑えて使用することが可能です。